Author Archive

二輪車と目視

車の運転をする際には、死角となる部分も多く、注意しないといけない点はいくつもあります。
特に二輪車へは特別な注意を払わないといけないことがあると思います。
右折の時などですが、四輪と比較しても車体の小さなバイクが対向車線から走ってきた場合、「まだ遠くにいる」と感じたり、バイクの速度を過小評価して「まだ来ないだろうから大丈夫」と思いこんでしまい、曲がった途端に衝突してしまったという話はよくあります。
これは車体の大きさの違いによって引き起こされるものであり、相手との距離や速度に錯覚が生じることが原因です。
そういった錯覚が起こりやすいということを理解しておけば、対向車線にバイクが走っていた場合には一呼吸おいてじっくり判断することが出来ますね。
今度は左折の場合です。
バイクはその車体の小ささから、道路の左端ギリギリを走り、車の横をすり抜けていく場合がありますので、車で左折しようとする際は、左後方からバイクや自転車が迫ってきていないかということをしっかりと目視してやらないといけません。
交差点が迫ってくる前、交差点に入ってから、曲がる直前にそれぞれしっかりとミラーで目視して、バイクや自転車が迫って来ていないかの安全確認が必要です。
車線変更の場合でも、ミラーには死角の部分があるので、ミラーの確認だけでなく、運転席の真横、斜め後ろへの注意が必要で、しっかりと確認してから車線変更するようにしましょう。
また、路上で左側に降車する場合にはしっかりと側面や後方にバイクや自転車がいないかを確認する必要があります。
車とバイクの違いをよく理解した上で安全運転を心がけましょう。

視覚吸引作用とは

車を運転している際に起こる錯覚は誰にでも起こります。その中でも運転中に陥りやすい錯覚として、高速道路から一般道に差し掛かる場面等で運転手は減速したつもりでも、高速走行を長時間続けたことで速度感覚に大きな誤差が生じ減速が不十分で事故に至ってしまう「スピードの錯覚」があります。高速道路から一般道へと切り替わる場面等では感覚に頼らずにスピードメーターで実際の走行速度をこまめに確認して適性速度で運転することで交通事故の防止に繋がります。また、下り勾配が続く道路を走行している時に傾斜角度緩くなる場所に差し掛かった時に上り坂と錯覚してしまいアクセルを踏み込んでしまうことで急加速をしてしまい前方の車に追突してしまう「道路形状の錯覚」があります。視覚からの情報だけを頼らずにスピードメーターの速度変化から勾配を正しく判断することで交通事故を防止することができます。また、車を運転している際に前方を走る車に追突しそうになって危険を感じたり、興味を惹かれるものを発見した時に無意識に視線が集中してしまってそこに近づこうとしてしまいます。これは人間の視覚は意識と深く関連しており、身の危険を感じるものや興味を惹かれるものに対して視線が集中してしまうことが原因となっています。これを「視覚吸引作用」といいます。もし、車を運転中に危険を感じたり興味を惹かれるものを発見した時には意識的に周囲に視線を配るように心がけることで交通事故の防止に繋がります。

追突と考え事

免許取りたての初心者マークをつけておっかなびっくり運転していたころは、道路や景色に集中しているものですが、数年も乗っていると、「あっ今運転中だぞ!」と気づいたりするくらい考え事にはまっていることがあります。ブレーキやアクセル、ハンドルなどをほとんど無意識に操っている自分にきづくときは、一瞬ヒヤッとしてしまいますよね。
そんな時もし運悪く状況が重なったりすると、追突などの事故を起こしてしまうことがあります。あまりに考え事にはまりこんでしまった為に、前方不注意で前の車や電柱などにぶつかったり、他の車の不注意に対応するのが遅れてしまうこともあります。
しかし、あまり知られていない運転中に起こりがちな錯覚があることをご存知ですか。長く続く下り坂を走っている時、その傾斜が急に緩くなると、まだ下り坂が続いているにもかかわらず、登り坂だと錯覚して急にアクセルを踏んでしまうなんてことがあるのです。
結果として車間距離が足りなければまえの車にぶつかってしまうわけです。また、交差する車線よりも自分が走っている車線の方が広く見えるという錯覚もあります。本来止まって安全確認すべきなのを怠ってしまうのです。
そのような危険を避ける為には、たとえ通いなれた道であっても常に周りの状況に注意を置いて運転することが必要です。

上り坂のスピードと目の錯覚

安全運転のために大切な要素の一つに、スピードを出しすぎないということがあります。
スピードを出し過ぎると、なにかが起きた時にすぐ停止することが出来ませんし、ぶつかってしまった時のダメージも大きくなります。
そのため、運転中は速度を上げ過ぎないように気を付けなければいけないのですが、気を付けていても速度が出てしまいやすいのが坂道です。
そう聞くと、多くの方が下り坂だから仕方がないと思うかもしれませんが、実は速度が出てしまいやすいのは上り坂です。
その原因の一つに目の錯覚があります。
車で坂を上っていると周囲の景色の変化が少なくなるため、同じ速度で走っていても体感的には速度が落ちたように感じてしまいます。
実際にはそれは錯覚なのですが、速度が落ちたと感じると、多くのドライバーがついアクセルを踏み込んでしまうことでしょう。そうすると、思った以上にスピードが出てしまうこととなるのです。
また上りは通常よりアクセルを踏み込まないといけませんので、その加減を間違えてしまうことからも速度超過が起こりやすいといえます。
逆に下り坂の場合は、ドライバーも速度が上がることが分かっているので、そうならないようにという意識が働いて適度にブレーキを踏むので意外と速度は一定を保つことが出来るのです。
坂道を運転する時には、下りだけではなく上りでも速度メーターを意識して安全な速度を保つことを心掛けましょう。

運転中に生じる錯覚とは

自動車などの運転を行っている際には、様々な場面で様々な錯覚が生じます。例えば、交差点では「自分の側の道路のほうが交差する道路よりも広く」みえます。交通ルールには、広い道路のほうが優先だとありますが、このような錯覚によって両者とも自分が優先と勘違いしてしまう場合があります。その結果、どちらも交差点に侵入してしまい、自己が起きてしまうのです。このような事態を避けるためには、徐行や一時停止を行うことが大切です。他にも、「右カーブの道路では、対向車線のほうが広く見える」こともあります。カーブでの衝突事故の原因として多くあることで、カーブを曲がる際に対向車線にはみ出してしまうのです。なぜ、このような事が起こるかというと、相手側の車線が広く見えるので、つい反対側にはみ出してしまいます。一方で、左カーブの場合では、自分の車線が広く見え、歩道側にはみ出してしまう場合が多くあります。このように、自動車などで生じる錯覚には様々な種類があります。事前にこのような知識を得ておくことで、実際のドライブの際に注意して走行することができます。自分の認知と実際の動きの差を知ることが、事故を減らすための要因となるのです。

って?

自動車の運転における幅寄せについて解説します。これは駐車などをする際に、車の位置を左右に動かすことで、ある目標に近づけることを言います。

例えば駐車スペースにバックで車庫入れをする際に、スペース内の左右のバランスが悪くなってしまうことがあります。例えば右に寄せすぎてしまった場合、右の空間が狭すぎて運転手が降りられないといったことがあります。

こうした場合に一度自動車を駐車スペースから出しつつ位置を左に寄せれば、そのままバックすることで車の位置をよりよい場所に移動させることができます。

こうした技術は縦列駐車でも使われます。例えば自分から見て左側に縦列駐車したいのであれば、バックしつつハンドルを左に切ることで、駐車スペースにうまく車を入れることができます。

これとは別にもう一つ意味があります。それは、隣を走っている車が自分の方に向けてハンドルを切ることで、車体を過度に近づけてくることです。

これには隣の車がわざとやっている場合もあれば、自分の存在に気付かずに車線変更などをしようとして寄せてくる場合もあります。

どちらの場合も危険な行為です。これを完全に防ぐことはできませんが、なるべく死角に入らないようにするという対策があります。

溶け込みとの関係

自動車を運転する人なら誰もが経験したことがあろうものが、「蒸発現象」と「溶け込み」です。前者は、白や銀色などの明るい色の自動車が太陽光線に当たることで、あたかも蒸発してしまったかのように自動車の形が見えなくなってしまう現象を指します。もともと、人間の目は明るい色の物体に明るい色を重ねると、その物体の形が識別できなくなってしまうことがあります。そのため、暗いトンネルなどから出た際に、自分の前を走っている自動車が太陽光線に当たって見えなくなることがあるのです。これとは逆に、暗い色の物体に暗い色を重ねた時も、その物体の形が識別できなくなってしまうことがあります。これを「溶け込み」と言います。夕暮れ時やトンネルに入る瞬間などに起こりやすく、黒などの暗い色の自動車が前を走っている時に、あたかも前の自動車が周りの景色に溶け込んでしまったかのような現象が起こります。どちらも人間の目の特性によって起こる現象のため、完全に防ぐことはまず出来ません。最悪の場合、重大な事故にもつながりかねないため、自動車を運転する際は事前にこれらの現象をしっかり頭に入れておき、これらの現象が起きた場合に備えておくことが大切です。

体感速度との関係

車で走っている時、トンネルに入ったとたん、自然とスピードが落ちていることがよくあります。これはトンネルに入ったことで、体感速度が速くなっているためです。人間が速さを感じる時は、周囲の光景が前から後ろへ通り過ぎていく速さで実感しています。そのため、遠くに光景があると、ゆっくりと感じますし、近くに光景があると速く感じます。トンネルに入ると、トンネルの壁がとても近くになり、実際よりも速く走っている気がしてしまうのです。自然とアクセルも緩みますので、ゆっくりと走ることになります。もちろん、だからと言って、わざわざアクセルを踏み込んで速い速度で走らせることはありません。トンネルの中を走行することはとても大変なことですし、事故も起こりやすいところです。そのため、自然と緩められた速度で走っていくようにした方がよいのです。ただ、周囲を走っている車の流れにのることは大切です。あまりに遅くなりすぎると、他の車の邪魔になってしまったりするような場合がありますので、注意をするようにしましょう。体感速度はトンネルに入ると、速く感じるようになります。そのことを自動車を運転する時は知っておくようにすると、よいでしょう。

運転とトンネルについて

自動車のドライバーが恐怖を感じてしまう場所の1つが「トンネル」です。この場所では、突然暗くなってしまうことや、圧迫感などから恐怖を感じる場合が多くありますが、それ以外にも恐ろしい現象がおきます。例えば、前を走っている車が急に見えなくなる現象です。トンネルから出ようとした際に、眩しく感じることがあります。その時に、前を走っている車の姿が急に見えなくなってしまったり、見えにくくなってしまったりすることがあります。また、夕焼けでも同じような現象が発生し、太陽の眩しさで前を走っている車が見えにくくなってしまします。このような現象は、蒸発現象や溶け込みと呼ばれるもので、色の錯覚によるものです。目の錯覚によって起こるものなので、いつ起こるのかはわかりませんが、対策することは可能です。トンネルから出る際には、予め車間距離を開けておくことや、スピードを緩めておくことなどで対処ができます。また、自分が追突されないようにするためには、テールランプを少しの間付けるなどし、後続車への合図とすることができます。自動車を運転する際には、このような場面に遭遇することも多くあります。予め場面を想定しておき、適切な対処を取ることが重要です。