二輪車と目視

車の運転をする際には、死角となる部分も多く、注意しないといけない点はいくつもあります。
特に二輪車へは特別な注意を払わないといけないことがあると思います。
右折の時などですが、四輪と比較しても車体の小さなバイクが対向車線から走ってきた場合、「まだ遠くにいる」と感じたり、バイクの速度を過小評価して「まだ来ないだろうから大丈夫」と思いこんでしまい、曲がった途端に衝突してしまったという話はよくあります。
これは車体の大きさの違いによって引き起こされるものであり、相手との距離や速度に錯覚が生じることが原因です。
そういった錯覚が起こりやすいということを理解しておけば、対向車線にバイクが走っていた場合には一呼吸おいてじっくり判断することが出来ますね。
今度は左折の場合です。
バイクはその車体の小ささから、道路の左端ギリギリを走り、車の横をすり抜けていく場合がありますので、車で左折しようとする際は、左後方からバイクや自転車が迫ってきていないかということをしっかりと目視してやらないといけません。
交差点が迫ってくる前、交差点に入ってから、曲がる直前にそれぞれしっかりとミラーで目視して、バイクや自転車が迫って来ていないかの安全確認が必要です。
車線変更の場合でも、ミラーには死角の部分があるので、ミラーの確認だけでなく、運転席の真横、斜め後ろへの注意が必要で、しっかりと確認してから車線変更するようにしましょう。
また、路上で左側に降車する場合にはしっかりと側面や後方にバイクや自転車がいないかを確認する必要があります。
車とバイクの違いをよく理解した上で安全運転を心がけましょう。

Comments are closed.