運転とトンネルについて

自動車のドライバーが恐怖を感じてしまう場所の1つが「トンネル」です。この場所では、突然暗くなってしまうことや、圧迫感などから恐怖を感じる場合が多くありますが、それ以外にも恐ろしい現象がおきます。例えば、前を走っている車が急に見えなくなる現象です。トンネルから出ようとした際に、眩しく感じることがあります。その時に、前を走っている車の姿が急に見えなくなってしまったり、見えにくくなってしまったりすることがあります。また、夕焼けでも同じような現象が発生し、太陽の眩しさで前を走っている車が見えにくくなってしまします。このような現象は、蒸発現象や溶け込みと呼ばれるもので、色の錯覚によるものです。目の錯覚によって起こるものなので、いつ起こるのかはわかりませんが、対策することは可能です。トンネルから出る際には、予め車間距離を開けておくことや、スピードを緩めておくことなどで対処ができます。また、自分が追突されないようにするためには、テールランプを少しの間付けるなどし、後続車への合図とすることができます。自動車を運転する際には、このような場面に遭遇することも多くあります。予め場面を想定しておき、適切な対処を取ることが重要です。

Comments are closed.