運転中に生じる錯覚とは

自動車などの運転を行っている際には、様々な場面で様々な錯覚が生じます。例えば、交差点では「自分の側の道路のほうが交差する道路よりも広く」みえます。交通ルールには、広い道路のほうが優先だとありますが、このような錯覚によって両者とも自分が優先と勘違いしてしまう場合があります。その結果、どちらも交差点に侵入してしまい、自己が起きてしまうのです。このような事態を避けるためには、徐行や一時停止を行うことが大切です。他にも、「右カーブの道路では、対向車線のほうが広く見える」こともあります。カーブでの衝突事故の原因として多くあることで、カーブを曲がる際に対向車線にはみ出してしまうのです。なぜ、このような事が起こるかというと、相手側の車線が広く見えるので、つい反対側にはみ出してしまいます。一方で、左カーブの場合では、自分の車線が広く見え、歩道側にはみ出してしまう場合が多くあります。このように、自動車などで生じる錯覚には様々な種類があります。事前にこのような知識を得ておくことで、実際のドライブの際に注意して走行することができます。自分の認知と実際の動きの差を知ることが、事故を減らすための要因となるのです。

Comments are closed.